同じ職場の男性への片思いを実らせるには

寝ている時間を除いて、自宅よりずっと長い時間を過ごす会社では、同じ空間で身近にいる同じ職場の男性が気になってくるのはとても自然なことです。
しかし他とは違うところは、お相手が職場というオフィシャルな場で出会った人だということです。
自分の気持ちのままに暴走しては、自分の会社での立場はもちろん、彼にとってもマイナスになりかねません。
どうすれば周りに迷惑をかけずに、彼と幸せなお付き合いをスタートさせることができるのでしょうか。

まずは元気な挨拶から

彼への気持ちは関係なく、「おはようございます」「お疲れさまです」等の挨拶は、社会人にとっては当たり前のことです。
しかし、挨拶しても下を向いたままだったり、語尾しか聞き取れないような小さな声では、相手に気持ちが伝わらず、面倒くさそうな印象を与えてしまいますので、軽く微笑んで元気に挨拶を心がけましょう。
いくら美人でも、ムスッとした表情では、彼に好意を持ってもらうのは難しくなりますが、特別美人でなくてもニコッと笑って挨拶できれば、「愛嬌のあるいい子だな」とあなたへの印象はずっと良くなります。

相手の気持ちを測りながら距離を縮める

彼との距離を縮めたくても、会社での事務的なやり取りだけでは、一向に前へ進みません。
同僚や後輩という枠を超えるためには、会社の外でも交流を持ちたいところですが、飲み会で出会った相手なら「今度二人で遊びに行こうよ」と簡単に言えても、同じ職場だとそれがなかなか難しいのではないでしょうか。
いきなりこちらの好意をアピールして、ダメだったら格好悪いし、今後の業務でも気まずいし、同期にばらされたらどうしよう・・と不安がたくさんあります。
そこで、まずはできるだけ仕事とは関係のない話をすることを意識します。
音楽の話や趣味の話など、機会があれば不自然ではない程度に話をふるのです。
「ラーメン大好きなんだ」という話をすれば「僕も!」となり、もしかして一緒に新しくできたラーメン屋に食べに行く話になるかもしれませんし、とあるバンドのファンだと言えば、「CD貸してあげようか?」という話の流れになるかもしれません。
社内でのネットワークを生かし、彼の趣味をひそかに調べ上げた上で、話をふるテクニックもありです。
プライベートで近付くために、まずはたくさんプライベートの話をすることが大切です。
そこで、もし彼に取り付く島もない様子だったり、脈がないのが身に染みて分かった場合は、それ以上前進するのをやめると、気まずくならずにただの同僚に戻ることができます。

お付き合いが始まれば

めでたく彼との交際が始まると、会社でもウキウキして出勤するのも楽しくなることでしょう。
しかし、ここで浮かれて彼との交際を複数の人に話したり、職場で分かりやすい態度を取ったりすると、交際を円満に続けることが難しくなるかもしれません。
間違いなく周りに気を使わせますし、業務に支障をきたす可能性もあります。
プライベートとはきっちり分け、職場では秘密にしておくのがいちばんです。
晴れて結婚する時まで、みんなの驚いた顔を見るのはお預けにしておきましょう。

おわりに

職場での恋愛は制約も多く、恋人同士になる過程も、お付き合い中も、なかなか苦労がつきものです。
しかし、大好きな彼氏といつも一緒にいられますし、彼の客観的な評価や人望などまで見られるのは、職場恋愛だからこそです。
お互いの仕事がよく分かっているので、仕事上での大変なことやきついことも、よく理解したうえで励ましあえるのは、かけがえのないメリットですよね。
他のカップルにはない職場恋愛の利点を生かして、彼との良い関係を築いていけたら良いですね。