いつも一緒にいる男友達に片思いしてしまったら

近い存在なのに恋愛関係からは遠苦はなれたところにいるのが男友達です。
友達とはいえ異性の一人なのですからいつ何をきっかけに、異性として意識する=好きなるかは誰にもわからないことです。
一度好きだと意識してしまうと、せっかく今まで築いてき良好な関係を壊したくないという気持ちが優先して、気持ちを伝えることをためらってしまうものです。
しかしそこで何もしなければ一番近いところで、彼の恋愛相談を受ける、新しい彼女まで紹介されてしまうなんてことにもなり兼ねません。
では、男友達に片思いをしてしまった場合、どうすれば恋愛関係に発展できるのでしょうか。

いつも一緒で気が合う友達関係

男友達になるきっかけは様々なパターンがありますが、例えば学生時からの知り合いや、同じ趣味を持っている、旅行などの共通の話題を通して仲良くなるといったことが多いのではないでしょうか。
友達としてつきあいが長くなればなるほど、気を使うことのないラクな関係になり、いつも冗談を言いながら時には恋愛相談まで、何でも言える頼りになる存在になっていきます。
一番近い存在であるのにも関わらず、恋愛という特別なカテゴリーには属していない男友達。
だからこそ、その男友達に気になる女性ができた、簡単に会える距離ではなくなってしまった、など何かのきっかけで好きだと意識し始めてしまうことも大いにあるものです。

意識し始めた男友達にするアピール方法

男友達を好きだと気がついても、いつも冗談や下ネタなどを平気で言っているくらいの気の使わない仲から、突然恋愛感情を見せるのはかなり照れくさいものがあります。
仲が良いからこそ変にその関係をダメにしてしまうのが怖くなり、自分の気持ちを素直に表現できなくなってしまうこともあるでしょう。
そんな時こそ、ちょっとした勇気を出していつもとは違う事を提案してみましょう。
いつもはグループでわいわいしている事が多い場合、「今度2人で○○行ってみない?」と提案してみましょう。
友達として見ている彼も、「あれ?いつもと違うぞ」と意識するはずです。
まずは友達関係から、意識させるという段階にステップを上げてみることが大切です。
二人で食事に行ったり出かけたりできれば、いつものにぎやかな感じとは異なる、二人だけでいる違った雰囲気を作り出すことができるはずです。

イベントごとをきっかけに告白

男友達との関係をステップアップさせるのに誕生日やバレンタインといったちょっとしたイベントごとは、有効な手段です。
男友達に片思いをして悩んでいるのなら、こういったイベントをきっかけに勇気を出してみる事です。
最初は冗談で「誕生日プレゼントもらってないなら、親友の私があげるよー」などはぐらかす感じで自然にアプローチしておきましょう。
その後サプライズで彼の欲しかった物や、特別なプレゼントを渡すのに加えて、思い切って気持ちを伝えてみましょう。
本命に渡すプレゼントのサプライズと同時に、あなたの本当の気持ちが伝わるダブルサプライズは、今まで近い存在の男友達だった関係、片思いから脱却できるチャンスとなるはずです。

おわりに

男友達は一番近いところにいるのに、片思いをしてしまうとアピールやどう接していいのかに一番悩む関係でもあります。
普段の仲の良さから本当の気持ちを伝えるのが照れくさくなってしまったり、逆に良好な関係を壊したくない気持ちが働いて結局何も出来ないということもあります。
だからこそ男友達という関係から、一歩特別な関係になれるよう二人で一緒に出かけたり、飲みに行ったりという時間を作れるよう勇気を出して誘ってみることが大切です。
普段グループでいる友達としてのあなたではなく、違うあなたを見せることができれば、片思いから抜け出して恋愛関係に発展するきっかけはたくさん出てくることでしょう。