遠距離恋愛で幸せになる鍵4つ

進学、就職、留学、転勤などなど…。
今まであんなに近くにいた彼が突然、遠くへ行ってしまう遠距離恋愛。実はめずらしいケースではなく、一度は経験された方も多いと思います。遠距離恋愛を乗り切った人もいれば、その最中に別れてしまった人、帰ってきてからなんだかうまくいかなくなってしまった人など、結果もそれぞれ。きっとそんな経験談を聞けば聞くほど、これから遠距離恋愛を始める人は不安が募ってしまうはず…。
すぐには連絡とれないから、喧嘩するのが怖い。時差や生活時間の違いで、すれ違いが増えそう。一年に数回しか会えないなんて、耐えられない!さみしすぎる!浮気、しないよね?
積み上げればきりがない遠距離恋愛の不安ですが、実は楽しめるコツがたくさんあるんです!乗り越えた二人にしか分からない愛の深さは、これからの困難からも二人を助けてくれるはず!
今回はそんな遠距離恋愛を乗り越えるだけでなく、二人の愛をさらに深めて、遠距離恋愛で幸せになりたいあなたに贈る遠距離恋愛の極意をご紹介します。

ルールを、決める。

離れて暮らしていれば、当然生活リズムが合わないこともあると思います。
夜が遅い彼からリアルタイムで返事が来なかったり、お仕事にオンシーズンがある方は、電話もできない日々が続くことも珍しくないでしょう。
もし違う国にいたら、時差もあるしネット環境の問題もあります。
なんでいつも連絡が取れないの?と、どちらかがため込んでしまう前に、いつ連絡を取るか、ルールを決めましょう。
休みがない彼なら、そのこともちゃんと伝えてもらったうえで、お互いに無理のないルールを決めることが重要です。
どちらかに負担が偏ることがないよう、縛りすぎないルールにすることも大切です。

素直、無理しない

でも、それでもどうしても辛い時がきっとあるはず。
さみしさや切なさは、時を選ばず襲ってくることがほとんどです。
彼が忙しいのもわかるから、とついさみしさをため込んでいしまいがちな人は要注意。
そのさみしさは、ためすぎるといつか爆発してしまう危険な時限爆弾になってしまうかもしれません。
その時々には伝えられずとも、時間ができてゆっくり話せるときには、「こないだはとても寂しかったよ」ということをしっかり伝えて、甘えさせてもらいましょう。
彼だって、さみしいと思っていたのかもしれません。もしそうだったら、お互いにさらに愛いを感じることができるのでは?
無理をしないのは、生活リズムだけではなく、金銭面でも同じこと。
遠距離で恋愛をしていれば、会うための交通費も頻度も、なかなか決めるのが難しいところではあります。
どちらかだけに負担が行かないように、交代で会いにいくことにしたり、中間地点で会うようにしたり、または旅行に出かけたりというのも、いい手かもしれません。

会える時は思いっきり

今日は何カ月かぶりに彼に会える!
そんな遠距離の二人のデートは、きっと初めてのころのトキメキのまま、甘い気い持ちで迎えられるでしょう。
会えなかった分の寂しさを埋めてしまうつもりで、しっかり彼と愛を深めましょう。
たまにしか会えないのだから、と喧嘩になるのが不安だったりするかもしれないけれど、だからこそ互いに思いあえる素敵なデートになること間違いなし。
お互いを傷つけないように、二人で会っているときにしか伝えられない細かなことや普段少しだけ気になっている事をこそっと伝えてみるのも大切なことです。

喧嘩はしてもいいけれど、意地を張るのは厳禁です。
二人で会えているにも拘らず意地を張ってしまう時には、二人の関係にすこし危険な溝が生まれているかもしれません。
どうして意地を張ってしまうのか、どうして素直になれないのか、二人でゆっくり話して、今後の遠距離恋愛のためのトリートメントをするのも有効な時間の使い方だと思います。

会えない時間も盛り上がる♡楽しい『二人遊び』

ルールを守ったり、会う時にトリートメントをしたりも大事だけど、もっと遠距離を積極的に楽しめるコツってないの?
二人で電話するだけじゃなんか物足りない…二人でおうちデートしてたみたいなわくわくがほしい!
そんなあなたにお勧めなのが、電話やLineをしながら二人で楽しめるネットゲームをすることです。

たとえば、ネットゲームで簡単にできるオセロや五目並べ、カードゲームは鉄板中の鉄板です。
二人でしっかり盛り上がれるし、真剣にやっても楽しめますよね。
他にも、お絵かき掲示板と呼ばれる、ネット上で無料でログインできる掲示板を使って遊ぶのもオススメ。
ただのお絵かきでも楽しいけど、絵当てゲームをしたり、マッチ棒クイズなんかをするのもかなり盛り上がります。

おわりに

遠距離恋愛は、始めた最初がつらいのでは、と思いがちですが、本当に怖いのはその辛さや寂しさに慣れてしまった、そのあとの時期です。
「彼なしでも平気かもしれない」と、はっとして別れてしまうケースも少なくありません。そうならないために大切なのは、常にお互いに触れあう時間を作ったり、話せなくても思いあう時間をつくること。
彼の住んでいる場所は今日も晴れるかな?寒さで風邪をひかないといいなあ、と相手を想う時間をお互いに持てることを考えると、遠距離恋愛も悪くない気がしてきます。
信じることだけでは乗り越えるのが難しいときもあるとは思いますが、その辛さに耐えるだけの魅力や愛をあなたが彼に感じているのであれば、きっと大丈夫。
無理をしすぎずに、二人の歴史の通過点として、できるだけ楽しく過ごすことができるよう、お祈りしています!