デートの服装で男が意識するべき4つのポイント

デートの服装は、お互い相手がどんな人かをチェックする大きなポイントです。
特に平日は制服だったりスーツだと、私服はどんなのかな?と気になってしまうものです。
ひそかに期待している分、いつもの本人とのギャップが激しすぎると一気に気持ちが冷めてしまうなんて可能性も考えられます。
大げさに思うかもしれませんが、それほど服装というのは大事なのです。
あなたがチョイスする服装一つで、これから彼女との付き合いがガラッと変わると言っても良いでしょう。
そこで、彼女を更に惹きつけるデート時の服装のポイントを4つご紹介します。

清潔感はありますか?

今女性が男性に求めるのは、なんと言っても清潔感です。
汗の匂いや脂質肌など、男性から見れば「しょうがない」と思う点も女性にとってみれば大きなマイナスイメージです。
まったく無くせとは言いませんが、少しでもそれを感じさせない工夫をしてみてはいかがでしょうか。
例えば夏に水色や灰色のシャツだと、汗をかいたら目立ちますよね?
極普通の生理現象なのですが、汗を気にして対策を重ねている女性から見れば、不潔に見えてしまうのです。
そんな時は、汗染みの目立たないネイビーや黒のシャツを選びましょう。
汗をかきやすい方は吸汗速乾性素材を選べば、いちいち気にする事なくデートを楽しめます。
もう一つのポイントは購入時が新しいものを着る事。
いくら着心地が良くても形が崩れていたり、よれた感じが見えてしまうのはNGです。

格好良く見せるにはジャストサイズ

ご自分のサイズはしっかり理解していますか?
自分ではピッタリだと思っても、実はワンサイズ大きい服を選んでいる男性は結構多いです。
手持ちの服が自分のサイズに合っているかどうかは、まず肩と脇をチェックしてみましょう。
肩と袖の縫い目が腕と肩の骨がぶつかる場所よりも袖側にあったり、また脇のスペースが多ければだぶついてだらしなく見えてしまい、あなたへの印象はマイナスになってしまうでしょう。
自分のサイズを正確に計るのが一番なのですが、難しい場合は今着ているサイズよりもワンサイズ小さいものを試してみてください。
もちろん体型は人によって様々ですから、一度店員に聞いてアドバイスをもらうのが効率的かも。
ちょっと奮発してオーダーメイド店でシャツを新調するのも素敵ですね。
ジャストサイズなのはもちろん、一番映える色や柄もお勧めしてくれるでしょう。
最近は手ごろな価格で誂えてくれる店も多くなっているので、一度お店を覗いてみてはいかがでしょうか。

子供っぽい服装は×

どんなに格好いい男性でも、年齢にあっていない服装をすれば悪目立ちしてしまいます。
彼のそんな服装を見て、彼女がデートを切り上げて早く帰りたい、と思ってしまったとしても無理はありません。
例えばキャラクターや英字が沢山プリントされているTシャツは中学生・高校生用のデザインだと女性は思っていますから、それ以外の方が着れば精神的にまだまだ子供なのかな、と思ってしまうかもしれません。
平日きちっと決めている方なら、余計そのギャップがマイナスイメージを増幅させてしまうでしょう。
それから音楽好きな男性にとって意外かもしれませんが、メタルなどのいわゆるバンドTシャツも避けた方が良いでしょう。
その類のTシャツは、よく知らない方からすれば怖いデザインが多いですから、「こんなのが好きなんだ」とちょっと引かれてしまうかもしれません。
子どもっぽいと思われないためにも、まずは無地でシンプルに纏めてみましょう。
自分の年齢と服装が合っているかどうか、一度周りの方に確認するのも客観的意見が聞ける良い方法です。

どんな服を選べばよいかわからない場合は

デートと言っても、映画を見てレストランと日帰りでアウトドアでは服装がまったく違うのは常識ですよね。
アウトドアデートならTシャツ・ジーンズで問題ありませんが、ちょっとしたレストランなら、ジャケットなし・ネクタイなしでは入店を拒否される事も少なくありません。
ですから、デートの服装は最低限ジャケットを着てもおかしくない格好を目安にしましょう。
どうやって揃えたらいいかわからない方は、マネキン買いをお勧めします。
店頭にあるマネキンが着ている一式を丸ごと買う事で、適度に流行りを取り入れかつドレスコードもばっちり、というスタイルが悩む事なく簡単に出来上がります。
ただしマネキンが着ている服は無難すぎて皆と同じようになってしまうので、個性を大事にするタイプの方には欠点かもしれません。
しかし、これから服を買うたびに少しずつ自分のカラーを取り入れていけば良いわけですから、最初は周りと同じような格好から始めましょう。

おわりに

自分なりの服装がイメージ出来てきませんか。
もしどうしても自信が持てないのならば、彼女にそれを打ち明けて自分の服を見立ててもらうデートにしてみてはいかがでしょうか。
彼女の選んだ服を着るというのも中々楽しいのでは。
そうでなくとも、自分とのデートを楽しくするために努力してくれた、という事実は彼女をとても嬉しくさせるでしょう。
ぜひデートの雰囲気をより一層盛り上げるよう、頑張ってください。